生活の知恵答え

夏で一番の贈り物をしたいなら「入善ジャンボすいか」サイズも美味しさも香りも日本一

この夏一番の贈り物を考えているなら

夏の贈り物をお考えですか?

夏は夏バテで、なかなか食事も喉を通らなかったり。

そんな状態でも、スイカであれば、さすが夏の果物(野菜)だけだって、

夏バテ気味でもおいしく食べれますよね。

夏の季節ものだから、もらう方もすごくよろこびます。

でも、せっかく送るなら、日本一のスイカを送りたいと思いませんか?

img55551184

入善ジャンボすいかがプレゼントとして最適な理由

1,夏の超限定商品、プレミア中のプレミア

images夏の味覚といえば、すいか、ですよね。

でも、この入善ジャンボスイカの場合、夏のしかも、きまった期間しか予約ができないのです。

買いたいから、気が向いたから買おう、と思っても買えない、

プレミアなすいかなのです。

これをもらった人も、「ああ、この人は、超プレミア品を送ってくれたんだ」

と大喜びしてくれること間違いありません。

2,日本一の大きさ

hi_cheesせっかくプレゼントするのであれば、なんでもいいから縁起のいい

日本一!的なものをあげたいですよね。

この入善ジャンボすいかは、名前からして大きいことがわかると思いますが、

大きさは、実際に日本一と言われています。

実寸で言うと幅は50cmほど、重さは15kgから25kgを超えるものまであります。

大きさも重さも桁違いにジャンボなスイカ、もらった方もびっくりすることまちがいなし。

この夏いちばんのインパクトを、スイカで届けませんか?

3,梱包がユニーク

img55551184この入善ジャンボスイカが贈り物として最適な理由の一つとして、梱包のユニークさがあります。

わらじではさんで、グルグル巻にした梱包は、このスイカの大きさと相まって、

インパクト大ですね。

とうぜん、この梱包は機械でできないから、農家の方が一つ一つ丹念に草鞋をつくって梱包します。

このように、手が込んだ贈り物をもらう方も、送った人の気持がぐっと伝わりますね。

4,最高に美味しい

img55598759栽培自体は110年以上の歴史があるのですが、1982年に入善町が町の特産品として売りだそうと、

「入善ジャンボすいか」と命名し、名産品として売り始めました。

このスイカの品種は「ラットルスネーク」というアメリカから導入された品種なのですが、

この特徴は、「上品な甘さ、歯ごたえ、香り」にあります。

サイズが日本一なだけでなく、味も日本一と言って差し支えないでしょう。

このスイカを受け取った人から「おいしかったです!」と喜びの言葉が届くこと間違いないですね。

 

注文受付は毎年6月から8月初めまでです。検討している方は、急いで予約しましょう。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close