社長への年賀状の書き方は?一言はどう書けばいい?

社長には年賀状を書こう!

会社の社長には絶対に年賀状を書きましょう。

年賀状をもらって喜ばない人はいません。年賀状はたかだか数十円のものですから、それで社長に喜んでもらえるなんて、これほどコスパのいいものを利用しない手はありません。

しかし、書き方を誤ると、せっかく年賀状を書いたにもかかわらず、

マイナスの印象を与えかねません。

以下の文をよく読み、パーフェクトな年賀状を社長に書きましょう。

社長への年賀状の書き方は?一言はどう書けばいい?年賀状

何を書くべきではないか?

具体的な約束事は書かない

ついつい社長への年賀状ということで、

張り切って来年の目標を書いてしまう人がいますが、

意外と、そうしうた目標や約束事に対して、

人は期待をするものです。

社長が貴方の書いた目標や、約束事を期待したにもかかわらず、

それが実行されないなんてことになれば

貴方の信頼、評価は、期待させていた分、ガタ落ちになります。

できない約束事は書かないのは当然ですが、できると思っても

できないこともあるので、目標や約束事を書くのはやめましょう。

社長への年賀状の書き方は?一言はどう書けばいい?年賀状 1

自分の私生活は書かない

自分の私生活に関しては、書かないようにしましょう。

社長は貴方とは、年齢も離れていますし、生活スタイルも全く違うでしょう。

特になんの意識もせずに書いたことでも、

社長には別の受け取り方をされて、変に誤解されてしまうなんてことにもなりかねません。

社長が気にするのは、貴方の私生活よりも会社のことです。

変な誤解を招かないためにも、

社長に出す年賀状は、会社のことだけにを書きましょう。

社長への年賀状の書き方は?一言はどう書けばいい?年賀状 2

縁起の悪い言葉は書かない

あなたは縁起とか気にしないかもしれませんが、人によってはそうしたものを非常に気にする人もいます。

年賀状で特に気にしたいのが、忌み言葉と呼ばれるものです。

「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」

といった言葉が、年賀状の中に出てこないようにしましょう。

何を書けばいいか?

社長に年賀状を書くにあたって、注意しなければならないことは、

当り障りのない、前向きなことを書く!

ということです。

殆どの人には、以下の例文をそのまま社長への年賀状として送れば事足ります。

■例文①

謹んで年頭の御祝詞を申し上げます
旧年中は公私にわたりご親身なご指導ご鞭撻をいただき 本当にありがとうございました
本年も何卒よろしくお願い申し上げます
平成二十六年 元旦

■例文②

謹賀新年
昨年は大変お世話になりました
昨年の経験を生かし 今年はご期待に応えるべく精進する所存でおります
年頭にあたり 本年も変わらぬご指導をお願いいたしますとともに ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
平成二十六年 元

これで、もし物足りないなと言うのでしたら、一言だけ、付け加えましょう。

社長への年賀状に書く一言はどうすればいいか?

社長への一言は、差し障りがない、抽象的で、前向きなことを書きましょう。そして何よりも、短くなくてはいけません。

長々と書けば書くほど、社長のあなたに対する印象は、悪くなります。

例)

  • 来年も一生懸命がんばります!
  • 今年は前年よりも頑張ります!
  • 今年はさらに会社のために精進したいと思います!

社長への年賀状の書き方は?一言はどう書けばいい?年賀状 3

1 Comment
  1. gimonxyz (@gimonxyz) says

    社長への年賀状の書き方は?一言はどう書けばいい? – https://t.co/LvCsXiQmOr https://t.co/7XsXpJxFXE

Leave A Reply

Your email address will not be published.

1 + 1 =